>

細かく条件を確認しよう

メリットだけを見ない

これまでは、残業がかなり多い会社で働いていたエンジニアが見られます。
朝から晩まで働いていると、疲れが溜まっても身体を休ませることができなくなります。
疲れが溜まって病気になるリスクがあるので、その場合は転職してください。
残業が少ないことを条件に入れるのは良いですが、それだけで決めてはいけません。

残業は少なくても、給料が少なかったら生活が成り立たず満足して働けません。
自身のスキルアップが見込めない可能性もあり、それでは大きな仕事を担当するのは難しいでしょう。
例え残業がほとんどないという会社を見つけても他の部分で納得できなかったら選択しないようにしましょう。
範囲を広げて探すことで残業時間が少なく、他の条件も満たす会社が見つかります。

給料があまり変わらない

転職する上で、給料は非常に大事な部分です。
やりたい仕事ができる会社でも、給料がこれまでより下がったら生活が困ります。
好きなものを買えませんし、これまで通りの生活を続けられなくなるかもしれません。
ストレスが溜まる生活は、誰だって嫌でしょう。
転職を考える場合は、生活水準を変えないことを心がけてください。
給料を妥協して、やっぱり転職しなければ良かったと後悔しているエンジニアが多く見られます。

最低でもこれまでと同じくらいか、今までよりも高い会社を探しましょう。
転職サイトには、希望する給料の金額を入力して検索できる機能があります。
それを使えば余計な情報をシャットアウトし、必要な情報だけ入手できます。
効率良く転職先を探せるので、活用してください。


この記事をシェアする